35歳過ぎると結婚はほぼ不可能は本当? 35歳過ぎても楽観して良い3つの理由

結婚 未分類

結婚

35歳過ぎると結婚はほぼ不可能は本当か?

ネットでは35歳過ぎるとほとんどの男女は結婚できないということが言われています。

35歳過ぎて結婚できた男性はわずか3%だそうです。本当だとしたら結婚を目指しているアラフォーにとっては結構な衝撃です。

2010年の国勢調査によると、2005年に35~39歳だった男性の未婚率は30.9%、5年後、40~44歳になったときの未婚率は27.9%で、未婚男性の9.7%しか結婚に至らなかった。5年間で「3%」でしかないということになる。

女性も同様で、05年に35~39歳だった人の5年後の結婚率は、未婚女性の10.8%、2%しかゴールインできなかった計算だ。40歳を超えると、状況はますます悪化する。男性は全体の0.4%、女性は0.5%で、45歳以上では、男女とも全体の0.1%しか配偶者を見つけられなかった。晩婚化というより、35歳を過ぎてからの結婚は、男女ともに不可能に近いことが分かる。

※J-CASTニュースより引用 http://www.j-cast.com/2011/12/30117585.html

このデータが本当かどうか調べてみました。

結論からいうとこれ本当に合っているの?という感じでした。

まずこれが根拠となる国勢調査のデータですが、2010年国勢調査でのデータは確かにありました。

男性未婚率
女性未婚率

※内閣府ホームページより引用

内閣府ウェブサイトの常時暗号化による「https:」への切り替え - 内閣府
内閣府ウェブサイトの常時暗号化による「https:&#...

 

しかし5年後の40〜44歳になったときの未婚率のデータがない。ネットを探しまくりましたが見つからない。これはどこから持ってきたのでしょうか?

知っていたらどなたか教えてください。

まあこんな大手のニュースサイトがいい加減なことをそれほど書く事は無いと思うので、本当だとしましょう。

これが本当だとしたら3%しかない。しかし実際のところはどうでしょうか?

確かに年齢がいくと結婚しにくくなるのは事実だと思います。20代、30代前半の年代が多く結婚している。

これはいろんなところのデータでも、実際に自分の周りをみても合っていると思います。

しかし、「35~39歳が40~44歳になったときの婚姻率3%というのが現実かどうか」というと疑問に思います。

 

楽観して良い理由1

まずデータが古い。これは2010年の時点のもの。現在は目まぐるしく時代が変わっています。昨日新しくなったらもう今日は変化している。結婚も然り。現在は晩婚化が進んでいると言われています。

つまり40歳を過ぎても結婚をする人がどんどん増えてきているということ。

自分の周りを見るともっと多くの人が結婚している。知り合いの35歳以上の人で独身は7人いたが、3人は結婚しました。

周りを見て下さい。40歳以上で結婚している人って結構いると思いますよ。

芸能人でも福山雅治が46歳で結婚しました。松本人志が45歳で結婚しました。

まあ芸能人は少し別と思うかもしれませんが、あなたの知り合いにも結構いないですかね。

このように2016年の現在はもっと婚姻率が高い気がします。

 

楽観して良い理由2

また、この未婚の人達の中には結婚をしたくないと言う人も含まれいます。

従って結婚をしたくない人も除外し、結婚したくて結婚出来ない人の割合はもっと低くなります。

 

楽観して良い理由3

そして結婚したからといって、幸せになれるとは限らない。これ最近本当に思うようになりました。

結婚しても離婚する人って結構多いです。そうすると結婚て案外「楽園」でないかもしれません。

 

以上の通り、僕は35歳の結婚は難しくないと思います。

また結婚したからといって必ず幸せになれるとも思いません。

まあ、それでも僕は結婚したいですがね・・・

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました